cover

地域社会のみなさまの
明るく健康な暮らしのために

私たちは、ご来局いただいたすべての
患者さまに、安全で、迅速で、親切な
医療を実施すべく、様々な工夫や
努力を続けています。

安全にFOR SAFELY

お薬は正しく使用しないと効果が上がらないだけでなく、体に害を及ぼすこともあります。
薬剤師は、医師の処方内容を薬剤師の視点から検証したり、様々な情報を患者さまにお伝えすることで、薬物治療の安全性や有効性を高めています。
それには幅広い知識と経験が必要であり、勉強会などで知識を高め、情報を共有化することで絶えず全体のレベルアップを図っています。
また、私たち自身の過誤により安全性や有効性を損なったりしないよう、過誤防止のための仕組み作りにも力を入れています。
  • 症例研究会

    症例研究会

    薬剤師には、処方せんを即座に解析して問題点を発見したり、医師の処方意図を読み取り、適切な服薬指導を行う能力が求められます。症例研究会では実際の処方せんを教材に、知識や経験を共有化し、全体のレベルアップを図っています。
  • 採用薬勉強会

    採用薬勉強会

    オーダーを受けてから、 「こんな薬(商品)がうちにあったんだ」と知るようではプロとして準備不足と言われても仕方ありません。採用薬勉強会は薬局で採用し在庫している全品目を予め確認して、ベテランも若手もしっかりとした共通の知識を持っておくことを目的とし、定期的に、医薬品メーカー・商社を招いて講義を受けています。 お知らせ「医療関係のみなさまへ」
  • 医療安全管理指針、調剤業務手順書、調剤過誤報告事例集、インシデントレポート

    医療安全管理指針、調剤業務手順書、調剤過誤報告事例集、インシデントレポート

    調剤過誤防止のためのポリシーや具体的なルール、過去の発生事例をまとめ、全従業員への教育と情報共有化による再発防止を図っています。
    過誤については表に出てしまった事例だけでなく、ダブルチェックにより未然に防いだ事例(インシデント)も記録しています。1件の重大事故の背景には29件の危険な事例がある(ハインリッヒの法則)といいますが、危険な事例を集計・研究することで、重大事故を防ぎ、患者さま、従業員、薬局の信用、それらすべてを守りたいと思います。 医療安全管理指針(PDF)
  • ピッキング鑑査システム

    ピッキング鑑査システム

    取り揃えた薬剤のシートに印刷されたバーコードを専用機械で読み取り、処方せんのデータと突合させることで、取り間違いがないかシステムが自動判定します。
    人の目だけでなく、システムによるチェックを入れることで精度の向上とスピードアップが図れ、薬剤師の負担も軽減できます。
  • お薬手帳

    お薬手帳

    処方されたお薬の名称・量・飲み方などを記録しておく手帳をご用意しています。初めての病院・薬局でも患者さまのお薬について正確に伝えることができ、重複や飲み合わせ等をチェックしてもらえます。災害や事故、旅行中の救急受診の際も役立ちますので、常に携帯されるようお勧めしています。
  • ポケットサイズお薬手帳

    ポケットサイズお薬手帳

    前述のお薬手帳について、持ち歩きに便利なポケットサイズのお薬手帳を制作しました。 持ち運びしやすいサイズも選べるようにしてほしいという患者さまのご要望は、以前から数多くいただいており、機能を損なわず、かつ、全店で使用できる内容を約1年を費やして検討を続け、完成・運用までこぎつけました。
    従前のサイズのものと同じ費用をかけ、十分なページ数を確保し、体質や検査値等の記録ページもしっかりと用意しております。お薬手帳は携帯することで効力を発揮しますが、ポケットサイズも選べるようにすることでお薬手帳の携帯率が高まることを期待しております。
  • 後発医薬品の選定

    後発医薬品の選定

    パンク寸前の医療財源を守るため後発医薬品の積極的な使用を呼びかけることは薬局・薬剤師の重要な使命です。 また、安全性・有効性が先発医薬品と同等でかつ安価な後発医薬品を使用することは患者さまのメリットにもつながります。 当社は報酬の加算や利鞘確保を目的に後発医薬品の銘柄やメーカーを決めるのではなく、あくまで前述の目的のために現場の薬剤師が自信を持ってお勧めできるものを薬剤師自身が厳選して患者さまへご案内し、 患者さま自身に先発・後発どちらを使用するか最適な選択をしていただけるようにしています。 
  • 安全対策委員会・事務改善委員会・業務改善委員会

    安全対策委員会・事務改善委員会・業務改善委員会

    患者さまの薬物治療の安全性・有効性を高めるためにどうしたらよいか。過誤を防ぐためにどうするべきか。薬剤師が意見を出し合い、研究を続けています。 お知らせ「委員会活動レポート」

迅速にFOR QUICKLY

体調がすぐれない中、薬局で長時間待たされることは大きな苦痛です。
私たちは、患者さまが少しでも早くお薬を受け取って帰宅できますよう、業務の改善・効率化を進めています。
患者さまへ安全で親切な医療を行いながら、お待たせはしない。更に、職員にも過度の負担がかからないようにしたい。
それらすべてを実現するべく、全職員が日々の業務をただこなすだけではなく、常に問題意識を持って見直しを図っています。
  • iPad型電子薬歴システム

    iPad型電子薬歴システム

    電子薬歴とは、従来、紙で記録していた患者さまの服用歴や体質、指導内容などの情報を電子化して保存するシステムです。スピードアップに効果があるだけでなく、お薬の重複や飲み合わせ、体質との相性など、これまで薬剤師の目で確認していた事項のダブルチェックも出来ます。iPadを利用することで、いつでも、どこでも見られ・書け・説明でき、当社の目標である「安全で、迅速で、親切な医療」を更に高度なレベルで実施できると思われます。
  • レセ連動システム

    レセ連動システム

    薬剤師が、薬剤師にしかできない高度な判断業務や指導業務に特化できるよう、機械にできる仕事は機械に任せるべきと考えます。レセプトコンピューターとピッキング・散薬鑑査システムや錠剤・散薬分包機を連動させることで、患者さま情報や処方データを何度も入力せずに済み、正確で、迅速な調剤が可能となり、薬剤師はより必要とされる業務に専念できます。
  • 調剤補助機器

    調剤補助機器

    自動錠剤除包機、自動半割機、自動錠剤カウンター、自動軟膏調剤機などの補助機器類を積極的に活用し、薬剤師の調剤業務をサポートしています。
  • 自動受付システム

    自動受付システム

    簡単操作で番号札を発行し、外出を希望される方には自動音声呼出しもできる自動受付システムを導入しています。待ち時間の短縮だけでなく、待ち時間の有効活用やプライバシーの保護に寄与しています。
  • 入力・書類作成支援システム

    入力・書類作成支援システム

    処方せんの情報をすばやく、正確に読み取ることができる処方せん二次元バーコードを導入しております。読み取ったデータはピッキング鑑査システムや散薬鑑査システムで使用したり、薬袋プリンタにとばすことで薬袋やラベルの自動印刷も行います。
  • 事務員による在庫管理・発注業務

    事務員による在庫管理・発注業務

    薬剤師は薬剤師にしかできない専門分野へ特化し、患者さまのために使える時間が増えるよう、日々の薬品発注業務は機械による自動発注とし、検品や棚付け、在庫管理は医療事務員が行います。
  • ノー検品納品、ロケーション納品システム

    ノー検品納品、ロケーション納品システム

    医療事務員による在庫管理・発注業務が、より簡単に短時間で行えるよう、医薬品商社 株式会社メディセオさまの上記システムを採用することで検品作業と棚付け業務が劇的に簡素化されました。
  • 調剤業務改善委員会・事務改善委員会・ 業務改善委員会

    調剤業務改善委員会・事務改善委員会・ 業務改善委員会

    環境が日々変化していく以上、改善に終わりはありません。現状に満足せず、より良い医療をお待たせせずに行うため、薬剤師と事務員がそれぞれ委員会活動を通じて、既存業務の見直しについて研究を続けています。
    実施状況はコチラをご覧ください。 お知らせ「委員会活動レポート」

親切にFOR GENIALLY

事務的にお薬を揃えてお渡しするだけでは、患者さまの心は癒せません。
明るく親切な気持ちをお薬にそっと添えてお渡ししたり、幅広い知識を持って患者さまの疑問や不安にお応えしたりして、心も体も元気になっていただきたい。私たちは、そんな調剤薬局でありたいと願っています。病院に近いから行くというのではなく、
「色々な病院を受診しても、薬はあの薬局からもらおう」、そう思っていただける地域の“かかりつけ薬局”を目指して、日々努力しています。
  • 接遇研修

    接遇研修

    明るく親切な気持ちをお薬にそっと添えてお渡ししたい。大切な情報を患者さまに分かりやすくお伝えしたい。そのためには、接遇マナーの向上やコミュニケーション力のアップが欠かせません。私たちは荘内銀行お客様相談室 須佐講師を定期的に招き、全職員を対象に接遇向上のための研修を実施しています。
  • 無料健康相談日

    無料健康相談日

    普段お使いのお薬のことや、病気・治療のこと、健康食品やサプリメントなどについて薬剤師がお話をうかがい、疑問や不安を取り除き、安心・安全にお薬をお使いいただけるようお手伝いさせていただきます。薬局によって異なりますが、毎週実施日時を設定していますので、お気軽にご相談ください。
    (ご希望の方は予めご予約をお願いいたします。)
  • 大衆薬・健康食品・サプリメント

    大衆薬・健康食品・サプリメント

    患者さまの”かかりつけ薬局”としていただくために、専門性の高い処方薬だけでなく、みなさまの関心が深い大衆薬や健康食品・サプリメントも充実させています。私たちの取り扱う大衆薬・健康食品・サプリメントは、専門性の高い薬剤師が取り扱い品目を厳選し、大手医薬品商社を通じて、正規の流通経路より入手しています。また、薬剤師が症状や他の服用薬との飲み合わせ等をしっかりとカウンセリングの上販売し、購入履歴や既往歴、副作用歴を薬歴簿(カルテのようなもの)で管理していますので、安心してご利用いただけます。
  • 患者さま満足度調査

    患者さま満足度調査

    患者さまのお声を活かし、より良い医療を提供すべく、アンケート調査を実施しています。 お寄せいただきました、みなさまよりのご意見・ご要望と、それに対する当社社長からのご回答は各薬局の待合室に掲示しております。また、ホームページからもご覧いただけます。 みなさまよりのご意見・ご要望
  • 日本薬剤師研修センター(JPEC)研修認定薬剤師

    日本薬剤師研修センター(JPEC)研修認定薬剤師

    日進月歩の医療の世界で高いレベルの知識を保つためには、日頃の自己研鑽が欠かせません。認定薬剤師は研修単位を一定以上取得した薬剤師に与えられる資格で、3年ごとに更新が必要になります。継続的な努力の証として、有資格者は名札に記載してあります。
  • 外部研修

    外部研修

    患者さまより信頼されなければ医療は成り立たちません。
    患者さまから信用を得るためには、専門知識と人間性の双方が必要と考えます。外部団体等が主催する研修会へ積極的に参加し、専門分野に留まらず、パソコンスキルや接遇、リーダーシップやマネジメントなど多彩な分野の知識に触れることで、人間性(ヒューマンスキル)の向上も図っています。 お知らせ「医療関係のみなさまへ」
  • クレジットカード決済

    クレジットカード決済

    患者さまの利便性向上のため、全薬局にてクレジットカードの取り扱いをしています。
  • 自動つり銭レジ

    自動つり銭レジ

    待ち時間短縮と正確性向上のため、レジの自動化も実施しています。
  • 社会貢献活動

    社会貢献活動

    社会貢献活動の一環として、無料で地域社会のみなさま向けに「薬と健康の講演会」や「職業講話」を開催しています。また、小中高の生徒向けの職場見学も受け入れています。薬剤師が調剤室を飛び出し、地域のみなさまが必要としている健康情報や、薬局薬剤師の業務内容をお伝えすることで、薬局や薬剤師の機能を知っていただき、明るく健康な暮らしのために有効活用していただきたいと思っています。 お知らせ「地域社会のみなさまへ」
  • かかりつけ薬局推進委員会・事務改善委員会・ 業務改善委員会

    かかりつけ薬局推進委員会・事務改善委員会・ 業務改善委員会

    一人でも多くの患者さまに “かかりつけ薬局” としていただくためにはどうしたらよいか。常に患者さまに接している薬剤師と事務員がそれぞれ検討を続けています。 お薬の処方せんは私たちにお任せください

※一部の薬局のみで実施している施策も含まれます。

アクセスマップ

有限会社サンライフコミュニティー

〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1-6-3
(セルバテラス2階 市名坂薬局内)

TEL. 022-375-1570 FAX. 022-375-7687

E-mail. info@sunlifecommunity.co.jp

URL. http://www.sunlifecommunity.co.jp/

  • 市名坂薬局

    〒981-3133
    宮城県仙台市泉区
    泉中央1-6-3
    セルバテラス2階

    TEL:022-375-5510
    FAX:022-375-7689

    アクセスマップ
    市名坂薬局
  • エイブル調剤薬局

    〒980-6110
    宮城県仙台市青葉区
    中央1-3-1 AER10階

    TEL:022-723-6722
    FAX:022-723-6723

    アクセスマップ
    エイブル調剤薬局
  • 八乙女薬局

    〒981-3112
    宮城県仙台市泉区
    八乙女4-4-1

    TEL:022-725-6201
    FAX:022-725-6203

    アクセスマップ
    八乙女薬局
↑