お知らせ

市名坂薬局調剤業務改善委員会の活動レポート(平成29年2月)2017年2月24日

<市名坂薬局調剤業務改善委員会の活動レポート(平成29年2月)>

1、薬袋の記載を見直しました。

これまで一部の特殊なお薬の薬袋については手書きで発行していましたが、プリンタの調整や印字方法の見直しにより、すべてプリンタで自動発行できるように工夫しました。迅速で、正確な業務につながると思われます。

2、机の引き出しの表示を作成しました。

どの引き出しに何が入っているか、いちいち開けなくても、誰でも簡単に識別できるよう見出しを作成しました。中身の入れ替えも簡単に変更できるよう工夫してあります。

 

3、処方せんとiPad(電子薬歴)保管棚を導入しました。

担当者ごとに処方せんを区別して保管できる棚を購入しました。すばやく確実に担当者へ書類を渡すことができるようになると思われます。また、大容量の充電器も購入し、すべてのiPadを各自の保管スペースに入れて、まとめて収納できるように整理しました。更にカウンター周りにも整理用の棚を購入しました。整理整頓は最大の効率化であると位置づけ、今後も薬局内の整理を心がけていきたいと思います。

4、分包機用カセットとファイルを増設しました。

全自動錠剤分包機の充填カセットを7個増設しました。オーダーが多くなってきた薬のカセットを用意しておくことで、手管理する必要がなくなり、より迅速で、正確な業務が可能になると思われます。また、一包化は対応に時間がかかるため、遠くからでも何件の一包化オーダーが入っているかわかるよう、青いファイルに入れて回付していますが、件数の増大によりファイルも不足しないよう増やしました。

5、回付時に添付する札を見直しました。

 処方せんを回付する際に効率よく作業に入れるよう、インフルエンザなどで急ぎの対応が必要な方や、後日取りに来られる方などが一目瞭然になるように明示する札を使用していますが、形を工夫して保管場所からすぐに探し出せ、取り出しやすいようにしました。

6、予製剤を見直しました。

半割など、予め準備しておくことで待ち時間の短縮を図るべき薬剤を見直し、新たに1種類増やしました。オーダーが入ってからの時間短縮につながると思われます。

 

 

 

更によい医療をお待たせせずに実施していくため、、、既存業務の効率化を追求し続けることは、すべての調剤薬局・薬剤師の義務であると考えます。調剤業務改善委員会では今後も業務の見直しを継続し、浮いた時間や浮いたお金を患者さまへの医療の質の向上へ役立てて行きます。(委員会メンバー:薬剤師3名)

アクセスマップ

有限会社サンライフコミュニティー

〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1-6-3
(セルバテラス2階 市名坂薬局内)

TEL. 022-375-1570 FAX. 022-375-7687

E-mail. info@sunlifecommunity.co.jp

URL. http://www.sunlifecommunity.co.jp/

  • 市名坂薬局

    〒981-3133
    宮城県仙台市泉区
    泉中央1-6-3
    セルバテラス2階

    TEL:022-375-5510
    FAX:022-375-7689

    アクセスマップ
    市名坂薬局
  • エイブル調剤薬局

    〒980-6110
    宮城県仙台市青葉区
    中央1-3-1 AER10階

    TEL:022-723-6722
    FAX:022-723-6723

    アクセスマップ
    エイブル調剤薬局
  • 八乙女薬局

    〒981-3112
    宮城県仙台市泉区
    八乙女4-4-1

    TEL:022-725-6201
    FAX:022-725-6203

    アクセスマップ
    八乙女薬局
↑