Q&A

Q

血糖降下剤を使用する際の注意点を教えてください。

A

血糖降下剤は糖尿病の治療に使われますが、危険な低血糖症を起こすことがあり、十分な注意が必要です。下記の予防法と処置法を十分ご確認ください。また、ご家族やまわりの方にもお知らせ願います。

1、低血糖症とは

血液中の糖分が少なくなりすぎた状態で、急に強い異常な空腹感、力のぬけた感じ、発汗、手足のふるえ、眼のちらつき等が起こったり、また頭が痛かったり、ぼんやりしたり、ふらついたり、いつもと人柄の違ったような異常な行動をとることもあります。空腹時に起こり、食物を食べると急に良くなるのが特徴です。はなはだしい場合にはけいれんを起こしたり意識を失うこともあります。低血糖症は危険な状態ですから、このようなことが起こらないように注意し、もし起こったら、軽いうちに治してしまわなければなりません。なお、低血糖症が起こっていることをご本人が気付かなかったり、わからなかったりすることがありますので、ご家族やまわりの方もいっしょにご注意願います。

2、低血糖症の予防には

(1)お薬の量やのみ方は、医師・薬剤師の指導を正しくお守りください。自己判断で量やのみ方をかえるのは危険です。
(2)食事をみだりに減らしたり、抜いたりしないよう食事療法はきちんと守ることが大切です。お酒の飲みすぎ、激しい運動、下痢等は低血糖症を起こしやすいのでお気を付け願います。食事がとれない時は、医師・薬剤師にご相談ください。
(3)お薬の中には、一緒にのむと低血糖症を起こすものがあります。何か別のお薬を服用される際は医師・薬剤師にご相談いただくようお願いいたします。他の医師に何か別のお薬を処方してもらう際には、すでに糖尿病のお薬を服用されていることをお伝えください。その際には、漏れなく正確に伝えることができますよう、お薬手帳を活用されることをお勧めします。

3、低血糖症が起こったら

(1)低血糖症になっても軽いうちは糖分を食べると治ります。平素から3~4個の袋入り砂糖を持ち歩き、すぐその場でとることが必要です。我慢はなさらないようにしてください。ただし、一般名アカルボース(商品名:グルコバイ等)、一般名ボグリボース(商品名:ベイスン等)、一般名ミグリトール(商品名:セイブル)を併用している場合には砂糖は不適切です。これらの薬剤は砂糖の消化や吸収を遅らせますので、必ずブドウ糖(当社では「グルコースサプライ」という商品を取り扱っています。)をとって下さい。
(2)十分注意していても、ときには意識を失うような強い低血糖症が起こらないとも限りませんから、お薬手帳などを常に携帯しておき、糖尿病の治療をしていることや、のんでいるお薬の情報が、正確に医療従事者に伝わるようにしておくとよいと思われます。
(3)低血糖症を起こした場合は、必ず早めに医師・薬剤師にもお話し下さい。

4、高所作業や自動車の運転等危険を伴う作業に従事しているときに低血糖症を起こすと事故につながりかねません。特にご注意をお願いいたします。

アクセスマップ

有限会社サンライフコミュニティー

〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1-6-3
(セルバテラス2階 市名坂薬局内)

TEL. 022-375-1570 FAX. 022-375-7687

E-mail. info@sunlifecommunity.co.jp

URL. http://www.sunlifecommunity.co.jp/

  • 市名坂薬局

    〒981-3133
    宮城県仙台市泉区
    泉中央1-6-3
    セルバテラス2階

    TEL:022-375-5510
    FAX:022-375-7689

    アクセスマップ
    市名坂薬局
  • エイブル調剤薬局

    〒980-6110
    宮城県仙台市青葉区
    中央1-3-1 AER10階

    TEL:022-723-6722
    FAX:022-723-6723

    アクセスマップ
    エイブル調剤薬局
  • 八乙女薬局

    〒981-3112
    宮城県仙台市泉区
    八乙女4-4-1

    TEL:022-725-6201
    FAX:022-725-6203

    アクセスマップ
    八乙女薬局
↑