Q&A

Q

医薬品と健康食品との違いは何ですか?

A

医薬品とは、病気の診断、治療または予防に使用されたり、身体の構造または機能に影響を及ぼす目的のものと薬事法により定義されています。それに対し健康食品とは、法律上の定義はなく、広く健康の保持増進に資する食品として販売・利用されるもの全般を指します。ただし、平成13年に消費者に適切な情報提供を行うことを目的として保健機能食品制度が創設され、健康食品のうち国が安全性や有効性等を考慮して設定した基準等を満たした食品を、「保健機能食品」と称して販売することが認められました。

~医薬品と健康食品の概念図~
医薬品と健康食品

【医薬品(前述)、医薬部外品、化粧品】

1.医薬品(前述)、、、病気の診断、治療または予防に使用されたり、身体の構造または機能に影響を及ぼす目的のもの。取り扱いには医師・薬剤師などの専門資格が必要です。
(1)薬局医薬品(前述)
(2)要指導医薬品(前述)
(3)一般用医薬品(前述)

2.医薬部外品、、、人体に対する作用が緩和なものであって以下に分類されるものです。専門資格がなくても販売が可能です。
(1)防除用医薬部外品、、、殺虫剤など害虫類に対する作用を目的としたもの。
(2)指定医薬部外品、、、ドリンク剤・うがい薬など医薬品に近い性質を持つ製品。
(3)医薬部外品、、、口中清涼剤など日常的な不快感等の緩和を目的とするもの。

3.化粧品、、、薬事法により「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされているもので、人体に対する作用が緩和なもの」と定義されています。石鹸、シャンプー、口紅、ファンデーション、日焼け止め、香水、歯磨きなど、薬事法に規定されているものがこれにあたり、製品に含有されている成分を表示するなどすれば国による承認は必要としません。なお、よく耳にする「薬用化粧品」という言葉は法律上にはなく、分類上は医薬部外品に当たるものを指しています。

【健康食品、一般の食品】

1.保健機能食品、、、国が特定の機能等の表示を許可したもの。

2.特定保健用食品(トクホ)、、、特定の保健の用途に資することを目的とし、健康の維持、増進に役立つ又は適する旨を表示することについて、国の許可、承認を得た食品です。製品ごとに有効性と安全性が審査されています。

3.栄養機能食品、、、高齢化、食生活の乱れ等により、不足しがちな栄養成分の補給、補完に資することを目的とした食品です。含まれる栄養成分の機能に関し一定の表示を行うことが可能です。トクホのように製品ごとの審査はなく、製造者が基準を満たしたという自己認証になります。

4.特別用途食品、、、乳児、幼児、妊産婦、病者などの特定の用途に適することが認められ表示を許可されたもの。健康増進法に規定されます。

5.機能性表示食品、、、平成27年4月からスタートしたもので、企業が科学的根拠を示せば「目にいい」といった健康に関する作用を表示できる制度です。届け出制で、国の審査がなく商品開発にかかる時間や費用を省くことができる反面、国のチェックはないため購入に当たっては、消費者が自己判断する必要があります。

6.その他の健康食品や一般の食品、、、食品衛生法は、食品とは医薬品・医薬部外品以外のすべての飲食物と定義しています。特定の機能などを表示することは認められていません。なお、よく耳にする「サプリメント」は、各種食品の中から健康を維持する上で効果がある成分などを抽出した健康食品の一種ですが、規定する法律はなく、保健機能食品に含まれるものとそうでないものに分かれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【医薬品(前述)、医薬部外品】

  1. 医薬品(前述)、、、病気の診断、治療または予防に使用されたり、身体の構造または機能に影響を及ぼす目的のもの。取り扱いには医師・薬剤師などの専門資格が必要です。
    (1)薬局医薬品(前述)
    (2)要指導医薬品(前述)
    (3)一般用医薬品(前述)
  2. 医薬部外品、、、人体に対する作用が緩和なものであって以下に分類されるものです。専門資格がなくても販売が可能です。
    (1)防除用医薬部外品、、、殺虫剤など害虫類に対する作用を目的としたもの。
    (2)指定医薬部外品、、、ドリンク剤・うがい薬など医薬品に近い性質を持つ製品。
    (3)医薬部外品、、、口中清涼剤など日常的な不快感等の緩和を目的とするもの。

【健康食品、一般の食品】

  1. 保健機能食品、、、国が特定の機能等の表示を許可したもの。

    (1)特定保健用食品(トクホ)、、、特定の保健の用途に資することを目的とし、健康の維持、増進に役立つ又は適する旨を表示することについて、国の許可、承認を得た食品です。製品ごとに有効性と安全性が審査されています。
    (2)栄養機能食品、、、高齢化、食生活の乱れ等により、不足しがちな栄養成分の補給、補完に資することを目的とした食品です。含まれる栄養成分の機能に関し一定の表示を行うことが可能です。トクホのように製品ごとの審査はなく、製造者が基準を満たしたという自己認証になります。
  2. 特別用途食品、、、乳児、幼児、妊産婦、病者などの特定の用途に適することが認められ表示を許可されたもの。健康増進法に規定されます。
  3. 機能性表示食品、、、平成27年4月からスタートしたもので、企業が科学的根拠を示せば「目にいい」といった健康に関する作用を表示できる制度です。届け出制で、国の審査がなく商品開発にかかる時間や費用を省くことができる反面、国のチェックはないため購入に当たっては、消費者が自己判断する必要があります。
  4. その他の健康食品や一般の食品、、、食品衛生法は、食品とは医薬品・医薬部外品以外のすべての飲食物と定義しています。特定の機能などを表示することは認められていません。なお、よく耳にする「サプリメント」は、各種食品の中から健康を維持する上で効果がある成分などを抽出した健康食品の一種ですが、規定する法律はなく、保健機能食品に含まれるものとそうでないものに分かれます。

 

アクセスマップ

有限会社サンライフコミュニティー

〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1-6-3
(セルバテラス2階 市名坂薬局内)

TEL. 022-375-1570 FAX. 022-375-7687

E-mail. info@sunlifecommunity.co.jp

URL. http://www.sunlifecommunity.co.jp/

  • 市名坂薬局

    〒981-3133
    宮城県仙台市泉区
    泉中央1-6-3
    セルバテラス2階

    TEL:022-375-5510
    FAX:022-375-7689

    アクセスマップ
    市名坂薬局
  • エイブル調剤薬局

    〒980-6110
    宮城県仙台市青葉区
    中央1-3-1 AER10階

    TEL:022-723-6722
    FAX:022-723-6723

    アクセスマップ
    エイブル調剤薬局
  • 八乙女薬局

    〒981-3112
    宮城県仙台市泉区
    八乙女4-4-1

    TEL:022-725-6201
    FAX:022-725-6203

    アクセスマップ
    八乙女薬局
↑