Q&A

Q

ノロウイルス食中毒の予防対策について教えてください。

A

ノロウイルスは手指や食品などを介して、経口で感染し、ヒトの腸管で増殖、嘔吐、下痢、腹痛などを起こします。ノロウイルスに対するワクチンはなく、感染力も強いため、その感染を防ぐことは簡単ではありませんが、その流行を最小限に食い止めるための予防対策を確認しましょう。

≪対策≫
貝類の内臓を含んだ生食は、時にノロウイルス感染の原因となります。特に抵抗力の弱い高齢者や乳幼児には避けた方が無難です。貝類の内臓を含んだ食べ物は、十分に加熱して調理を行い、貝類を調理したまな板や包丁はすぐに熱湯消毒するようにしてください。

手洗いは手指に付着しているノロウイルスを減らす最も有効な方法です。調理前、調理後、食事前、トイレに行った後には、流水・石けん(液体石けんが推奨されます)による手洗いをしっかり行い、清潔なタオルまたはペーパータオルで拭くようにしましょう。石けんが、ノロウイルスに直接作用するわけではありませんが、ノロウイルスを手指から減らす効果があります。なお、消毒用エタノールによる手指消毒は、流水・石けんを用いた手洗いの代用にはなりません。あくまで一般的な感染症対策の観点から手洗いの補助として用いてください。

嘔吐物、下痢便には大量のウイルスが排出されるので、容易に感染源となります。マスク、手袋を必ず着用し、雑巾、タオルなどでしっかり拭き取ってください。拭き取った雑巾、タオルはビニール袋に入れて密封し捨ててください。その後薄めた塩素系消毒剤(ミルトンなど)や家庭用漂白剤(ハイターなど)で嘔吐物、下痢便のあった場所を中心に広めに消毒してください。また、嘔吐物、下痢便で汚れた衣類は、そのまま洗濯機で他の衣類と一緒に洗わず、バケツ、たらいで水洗いし、塩素系消毒剤や家庭用漂白剤で消毒してください。水洗いした箇所も同様に消毒してください。尚、塩素系消毒剤、家庭用漂白剤については、取り扱い説明書を必ず読んだ上で行ってください。

学校、職場、施設内で、ノロウイルス感染による嘔吐下痢症が集団発生します。その最初の発端は家庭内での感染による場合が多いようです。まずは、家庭内での予防対策を徹底しましょう。

アクセスマップ

有限会社サンライフコミュニティー

〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1-6-3
(セルバテラス2階 市名坂薬局内)

TEL. 022-375-1570 FAX. 022-375-7687

E-mail. info@sunlifecommunity.co.jp

URL. http://www.sunlifecommunity.co.jp/

  • 市名坂薬局

    宮城県仙台市泉区
    泉中央1-6-3
    セルバテラス2階

    TEL:022-375-5510
    FAX:022-375-7689

    アクセスマップ
    市名坂薬局
  • エイブル調剤薬局

    宮城県仙台市青葉区
    中央1-3-1 AER10階

    TEL:022-723-6722
    FAX:022-723-6723

    アクセスマップ
    エイブル調剤薬局
  • 八乙女薬局

    宮城県仙台市泉区
    八乙女4-4-1

    TEL:022-725-6201
    FAX:022-725-6203

    アクセスマップ
    八乙女薬局
↑